来年の干支「巳」の置物。


最近の天気は晩秋というより、まるっきし“冬”ですよね。

北海道では、吹雪いて送電線の鉄塔が倒れるぐらい、
強風が吹いたようですしね。

11月も終わりですから、こういう天気があっても当たり前かもしれませんね。


だんだんと年末とか年始の準備が気になり始める頃ですが、
今日、来年の干支「巳」が焼き上がってるのを見つけました。

c0018051_23153468.jpg


「巳」といえばヘビのことで、結構敬遠されることが多い干支ですが、
これは、鋳込み石膏型に泥しょうを流し込んで形作り、焼いた「巳」の置物。

だいだいみたいな丸いモノの上に乗っていたり、門松っぽいものや松を表したような
モノも台座に一緒にくっついてたり、それにこのくらいのサイズだとそれほど
気にならないんじゃないでしょうかね。

ヘビそのものだけだと、そこばかりに目がいって嫌がられるんでしょうが、
目を引くいろんなモノがあれば、そう感じないと思いますね。

多分、そんな意図があって作られてるんではないですかね。

勝手な想像ですけど‥‥。



c0018051_23175840.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-11-29 23:19 | 趣味のやきもの
<< 「プロ」と「アマ」の違いって、... 「屏風祭」と云うタイトルの本っ... >>