「人間国宝のうつわ」の展覧会と「黒」の展覧会。


今日は、展覧会の案内を二つ。

まず、一つ目は兵庫陶芸美術館で開かれる特別展
『現代陶芸の巨匠たちの美と技-富本憲吉・清水卯一・松井康成-』。

c0018051_20543227.png
もう、名前は一度や二度は聞いた事があるで
しょうし、作品だって様々な図録や書籍などで
多分ご覧になったことはあるはず。

それぐらい陶芸界では超有名ですものね。

その御三方の作品が、明日15日(土)から
来年2月24日(日)まで拝見できるという展覧会。

好きな方は当然行かれた方が良いし、あまり
興味のない方もこれだけの方々を一堂に
見れることはそうないと思いますから、
行かれてみてはいかがでしょうか。

詳しい内容は、兵庫陶芸美術館のサイトをご覧いただくとして。

□ 会期     2012年12月15日(土)~2013年2月24日(日)
□ 開館時間  10時~18時 (入館は閉館時間の30分前まで)
□ 休館日    月曜日、1月1日(火・祝)
            (但し12月24日(月・祝)、1月14日(月・祝)、2月11日(月・祝)は開館し、
            12月25日(火)、1月15日(火)、2月12日(火)は休館 )
□ サイト    http://www.mcart.jp/ 
        

そして、もう一つは、姫路市にある三木美術館で開催中の
『黒~無限の創造~』展。

ネットサーフィンをしていたら、たまたま辿り着いた展覧会案内で、
“主に茶碗作品を中心に黒いやきものを約30点展示”と書かれてました。

詳しく見ると、展示作品の作家の方々がスゴイですねぇ~。
こちらも有名どころの作家の方々が目白押しです。

個人的には、林恭助さんの「曜変碗(多分天目では?)」が気になりますね。


恥ずかしい話ですが今日まで、この「三木美術館」は知りませんでした。

訪れたことはないので館内の雰囲気などは分かりませんが、
「黒い」茶碗が好きな方は、訪れてみられたらいいのでは。

兵庫陶芸美術館とのハシゴってのも、“アリ”ですね。

□ 会期    平成24年11月21日(水)~平成25年2月24日(日)  
□ 開館時間 10時~18時 (入館は17時30分まで)
□ 休館日   毎週火曜日 (火曜日が祝日の場合は翌水曜日)
         展示入替日及び年末年始(12月28日~1月3日)
□ サイト   http://www.miki-m.jp/
[PR]
by tano4sou | 2012-12-14 21:13 | 展覧会見学・展覧会案内
<< カップホルダーに叱咤激励される?。 余りモノで作られた、手作りブローチ。 >>