縁起が良いのは、干支だけじゃない。「招き猫」も あるよっ。



今日の一品は、縁起物の鉄板アイテム、「招き猫」です。

商店とか会社などに飾られている、白い生地に目や耳とか髭とかを絵付けされてる、
そんじょ其処らの招き猫とは違いますよ。

完璧、オリジナルデザインにて作られた「招き猫」。

そりゃあもぅ迫力が違います。

まずは、写真を見ていただきましょう。

c0018051_20224574.jpg

陶芸教室に通われてる生徒さんが、新年から飾ろうということで作られていた「招き猫」が
出来上がったので、取りに来られていたところを、撮影させていただきました。

この招き猫の一番良いところは、通り手自身のイメージで作られていること
先程話してた市販の招き猫を、真似して作っていないので、世界にたった一つの招き猫
ということになりますよね。

それが何にもまして、“良い”んですよね。


でも、それもその筈なんですよ。

この招き猫のモデルとなっているのが、作り手の方が飼っていらっしゃる
猫ちゃんで、出来上がった招き猫を見て 「ウチの猫に似ている」 と仰られて、
喜ばれていたぐらいですからねぇ~。

一部ムラが見えている絵付けも、毛が生えているような雰囲気を醸し出し、
逆にリアリティを感じさせてますよね。

いい感じに仕上がるように、きっと条件が揃ってたんですね。

c0018051_20224384.jpg

( ※ ちょっと角度を変えてみたら、こうなりました。)


個人的には、一つ気になることがあるんですよね。

この招き猫を見た、当の“猫ちゃん”自身は、どう思うんだろうなぁ~と。

見た瞬間、飛びかかっていくのか、それとも仲間とみて接するのか。
どうでもいいことなんですけど、気になりますねぇ~。


ちなみに、今回の招き猫は右手(前脚)を挙げているので、「金運を招く」と、
いうことですが、左手(前脚)を挙げている猫は「人(客)を招く」と、されています。

じゃあ、金も人も招くということで、「両手を挙げたらいいじゃないか」というと、
“「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多くて、何事も“欲張り過ぎると良くない”
ことのようですね。

お後がよろしいようで‥‥。
[PR]
by tano4sou | 2012-12-25 20:42 | 趣味のやきもの
<< 干支「巳」の置物も、追い込み中。 来年の干支「巳」の香合。 >>