「顔皿」って一体、顔なのお皿なの?。



今年もあと1日で終わり。
迎春準備で皆さん忙しいことでしょうね。

もうこの忙しさのまま、勢いで突き進んで、新年を迎えましょう。


で、こんな時なんで“賑やかな”お皿はいかがでしょうか。

c0018051_23521364.jpg

「クレイスタジオ・ゲン」の三宅玄祐さんのお皿です。

従来から、ひと味もふた味も違う作品を作り続けられる三宅さんですが、
このお皿も秀逸ですよね。

でも、普通に盛り付けたらさっぱり絵にならないし、
料理もかえってまずくなりそうですよね。

こういうお皿だからこそ、今までとは違う料理、盛り付けが
面白いんじゃないかと思いますね。

そうなって初めて、見た目だけでなく心情的にも”賑やかな”
お皿となるのではないですか。

名付けて、「顔皿」。 (勝手に呼んでるだけですが‥‥)

このインパクトのあるお皿で、新年を祝おう!!。
[PR]
by tano4sou | 2012-12-30 23:59 | 出会った作家作品
<< 陶芸家・石田充弘さんにハマッた理由。 「やきものコレクション」 じ... >>