ボタン作りには、年末年始は関係ナシ?。



正月三が日も明けて、そろそろ皆さん通常の生活に戻りつつある時でしょうか。

年をまたいで借りていたモノを返しがてら、陶芸仲間の所へ寄ってみました。
そうしたら、ボタン作りに励まれている最中でした。

c0018051_23405361.jpg
c0018051_2341462.jpg

昨年の6月頃から、またハマり出されたそうで、1月になっても、これだけのボタンを
作られてるんですからね、お正月もないんじゃないでしょうかねぇ~。

それが証拠に、年末にもボタンが焼き上がってたそうですよ。

こんな感じで。


c0018051_23411633.jpg

作る人は、いつでも作る。
作れる人は、いつでも作れる。


正月だから、寒いから、水が冷たいから、なんて関係ないんですね。

よく、“作品の質をあげるには、量を作らないといけない”と言われますが、
量(数)を作れるというのは、それは一つの才能ですね。

形とか色合いのアイデアが湧いてきている、ということでもありますからね、
スゴイことですし、また大事なことですよね。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-05 23:47 | 趣味のやきもの
<< 陶芸+〇〇の “二足のわらじ”... 「加守田章二展」に行ったんだよ... >>