陶芸+〇〇の “二足のわらじ” は、大変です。



陶芸をされている方の中には、陶芸だけにとどまらず、他のことをされている方も
多くいらっしゃいます。

例えば、絵を書いたり、お茶やお花を習ったり、書道をしたり、絵手紙をしたりなどなど
挙げればキリがないくらい。

でも、陶芸もやり、彫刻をされてる方というのは、珍しいのではないでしょうか。

c0018051_2171480.jpg

写真に写ってるモノは、「日展」に出品された作品らしいです。
作品自体、1m80~90㎝、2m近くの大きさがあります。

出品後、“谷中田美術”という専門業者さんによって梱包されて帰ってきたと
お聞きしました。

作品を梱包して展覧会場に送って、また送り返してもらうというのは、
段取りをするのも大変だし、運賃もバカにならないだろうし、彫刻というのは
いろいろ気苦労があるんだなぁと感じましたねぇ。


「彫刻+陶芸」という“二足のわらじ”は、大変ですよね。

でも、それ以上にそれぞれのプラスになることが多かったり、
相乗効果も見込めたりするから、続けられてるんでしょうね。

知らず知らずのうちに、ね。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-06 21:21 | 雑感
<< 三宅玄祐さんの作品が、「国立新... ボタン作りには、年末年始は関係... >>