三宅玄祐さんの作品が、「国立新美術館」へ!。


クレイスタジオ・ゲンの三宅玄祐さんが、東京都港区にある「国立新美術館」で
開催される「アジア創造美術展2013」に出展されます。

c0018051_2338275.jpg

展覧会名が示す通り、日本とアジアの美術家たちが集い、水墨画・日本画・書・
彫刻・インスタレーション・映像・その他など、非常に多岐にわたるジャンルで、
作品を発表する展覧会に、無審査で参加を要請されたらしいです。

三宅さんの感性や作風からして、日本を飛びだしてアジアにまで拡がったというのは、
とても良かったんじゃないですかね。

c0018051_23381769.png




それに、この国立新美術館というのが、コレクションを一切持っていない、変わった
美術館で、国内最大級の非常に広い展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な
展覧会を開催したり、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供したりなど、
アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館とサイトでも
紹介されています。

その、「国立新美術館」で発表されるというのが、また良いですよね。


今年は1月から新しい動きがあって、これは期待できそうだし、楽しみです。

関東近郊の方々、また東京へ仕事や観光でお出掛けになられる方は、
時間を作って出かけられたら如何でしょう。


国立新美術館への詳しい行き方、所在地は、こちらのサイトでご確認ください。
http://www.nact.jp


アジア創造美術展2013
[会期]2013.1/23(水)~2/4(月)、
    午前10:00~18:00(最終日は15:00まで)
[会場]国立新美術館 2階 A室
[主催]亜細亜太平洋水墨画会
[PR]
by tano4sou | 2013-01-07 23:54 | 展覧会見学・展覧会案内
<< ヌケた顔が、教えてくれるね!。 陶芸+〇〇の “二足のわらじ”... >>