砥部焼の鉢と手作り上着。


四国八十八か所をお参りされてる方が砥部焼の郷を訪ねた時、お土産に買って
帰られた鉢というのが、こちらです。

c0018051_23874.jpg
c0018051_2381564.jpg

呉須っぽい藍色の線が周囲にぐるりと描かれ、内側に赤絵具で模様が
描かれてます。

“お土産で購入”というのですから、多分、量産品的なモノだと思いますが、
面白いデザインじゃないですかね。

対象的な素材の絵柄が、結構うまくマッチした感じですし、それに、
使い勝手がよさそうですものね。


もう一点、焼き物ではないんですが、紹介したいモノが‥‥。

c0018051_22583489.jpg
c0018051_237216.jpg

一瞬、何かなと思われたんではないですか。

ファッション関係は、全く疎いので何て云うのか分からないんですけど、
要は、上着です。 (大雑把な表現でスイマセン。)

お友達が手作りされた上着らしいのですが、 “ なんか、えぇなぁ~ ” と
思いましたね。

シンプルなデザインがスゴク目を引いて、とても印象的でした。

それに、こういうデザインは陶芸にも役立てそうな気がするんですけどねぇ~、
思い過ごしでしょうかね。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-13 23:21 | 作陶のアイデア・ヒント
<< 大学ノート36冊の価値は、お金... “シンプル・イズ・ベスト”と、... >>