ちょっと “クール” な、バラ寿司。桶付き。


今日の午前中に訪問したお宅での事。

“お昼ご飯に!”ということで、バラ寿司を持って来られた方がいらっしゃいました。

これですよ、これ。

c0018051_2033378.jpg

色鮮やかな、バラ寿司ですよね。

聞いたところでは、ざっと三升分くらいの量のお寿司のようでした。

きっかけは、昨日、蟹をいただいて一人では食べきれないということで,
バラ寿司を作られたんだとか。
それに、陶芸で今日みんなが集まるだろうから、ということもあったようです。

とはいえ、三升ってなかなかできる量じゃないですよね。
(私は料理をしないのでよく分からないんですけど‥‥。)

ホント、スゴイことで、頭が下がりますね。


それで先ほどの写真のお寿司に、一緒に持ってきた「穴子」を散りばめて、
最終の出来上がりとなりました。

c0018051_20335616.jpg

皆さんとともに、私もお相伴に与かって、美味しくいただきました。
ごちそうさまでしたぁ~。


で、お寿司の味とは別に、もう一つ気にいったのが、この寿司桶ですね。

c0018051_2034970.jpg

普通は、丸い桶が多いと思いますけど、これは四角なんですよ。

周囲は底にいくにしたがって窄められていて、云ってみれば、四角錘を途中で
ちょん切ッたような形。
(こんな説明で分かっていただけましたでしょうかねぇ~)。

焼き物を色々見ていくとどうしても、丸いモノとか楕円のモノとかを目にする機会が
多いので、こういう「四角=スクエア」の形は新鮮で、魅力的ですよね。

やっぱ、器というのは、“盛られてナンボ!”ですね。

使ってる時が、一番輝いてるぅ~~ 。
[PR]
by tano4sou | 2013-02-06 20:49 | 盛り付け
<< “ picasso ” モドキ。 干支 「巳」 の香合。 >>