石田充弘さんの『呑器九百九十九盃』展DMの、ヒ・ミ・ツ。


4月10日(木)から始まる、「呑器九百九十九盃」展。

作品にこだわるのは作家であれば当然ですが、石田充弘さんの場合、作品だけではなく、
展覧会を告知するDMはがきにもこだわりがあるようです。


昨日の記事にも写真を掲載しましたが、ランダムに並べられたカップ類の中に、
カラーのカップとモノクロ(白黒)のカップがあるのがわかります。

c0018051_23464458.jpg

モノクロだと「この部分は何色なんだろう」と想像力が働きますから、
カラーで全部を見せるより、モノクロにして見せる方が良いと思われたんでしょうね。
( ※ 実際はどうだったのかは、また聞いてみようと思います。)

DMを見て最初に思ったのは、「この写真は合成写真なんだろうな」ということ。

でもお伺いしたら、そうじゃなかったんですよ。
一発撮り、なんですって。


撮影の手順は、ざっとこんな感じで。

まず、作品を写真のようにランダムに並べて撮影します。

それから写されている作品の原寸大で、印画紙に焼き付けます。(モノクロプリント)

その焼き付けた印画紙の上に、色つきの作品を並べて、もう一度撮影します。


まぁ~、今の時代に、メッチャ手間のかかることをされてます。

作品作りにこだわり、それを伝えるDMにもこだわる。
石田充弘さんの中では、作品作りとDM作りは繋がっているんですね。
しかも、ごく自然に。


といったことを踏まえて、今一度、DMを見たら、また違う印象が
浮かんでくるかもしれませんね。

モノクロ写真の部分に、色が浮かんできちゃったり。




■ information ■

石田充弘 ワールドカップ展「The Final」『 呑器九百九十九盃 』

<会期>  4月10日(木)~ 4月16日(水)10:00 ~ 19:00( 最終日は17:00まで )
<会場>  一畑百貨店 松江店 美術サロン(5階)


[PR]
by tano4sou | 2014-03-29 00:01 | 展覧会見学・展覧会案内
<< カメラマンさんにお伺いしました。 石田充弘さんの個展案内が届きました。 >>