カップ1000点って、やっぱハンパない数でしたわ。


先日来、告知してきました「呑器九百九十九盃」展ですが、
明日から開催されます。

それに際して、昨日は作品の搬入・陳列のお手伝いに。

もともと今回の展覧会開催のきっかけを作ったようなもんでしたから、
その穴埋めという訳ではありませんが、お手伝いさせていただきました。


と云ったものの、そう大したことはできません。

商品の陳列や飾りつけなどは、石田充弘さんの感性にそぐわないとダメですからね、
口出しなどできるはずもありませんので、ひたすら商品出しに精を出していました。

ダンボール箱から作品を取り出し、包んである紙をほどいて、展示場所に置く。

ただそれだけなんですが、これがなかなか終わらないんですよ。

ダンボール箱に平均30個入っているとしても、33~4箱あるわけですから、
紙をほどいてもほどいても、次から次へと作品が出てくるんですよ。

会場にずらっ~と並べられた状態で、この「呑器九百九十九盃」展のすごさを
体感するのかと思っていましたが、まさか紙をほどく商品出しの段階で、
この凄さを体感するとは思っていませんでした。

思わず口から出た言葉が、「ホント、ハンパない数やなぁ~。」

c0018051_21110371.jpg

そしてこうも感じました。

私はただひたすら紙をほどいていただけなんですけど、
「これを包んだ人がいるんだよなぁ~。」って。

全部じゃないにしても、8~9割方は包んであったと思うんで、
これも気の遠くなるような作業ですね。
ホント、ご苦労様でした。


そして、もうひとつ情報が。

4/9付の「山陰中央新報」紙の「鑑賞席」に、安食ひろさんが石田充弘さんの
「呑器九百九十九盃」展について書かれた記事が掲載されています。

いろいろと書かれていますが、石田さんをしっかり応援されていますね。

「山陰中央新報」を購読されている方は、是非ご覧ください。



「呑器九百九十九盃」展、いよいよ、始まります。



■ information ■

石田充弘 ワールドカップ展「The Final」
呑器九百九十九盃。

<会期>4月10日(木)~ 4月16日(水)
   10:00 ~ 19:00 ( 最終日は17:00まで )
<会場>一畑百貨店 松江店 美術サロン(5階)
  ( 島根県松江市朝日町661/ 松江駅前 )
<問合せ> 直通電話 (0852)55-2523  担当/中村さん・安達さん・平井さん




[PR]
by tano4sou | 2014-04-09 21:34
<< 「 made in Kuras... とってもユニークな花器!?。 >>