カテゴリ:インフォメーション( 15 )

枡枡、ガンバッテます!。


今朝、ネットでニュースを見ていたら、面白い記事を見つけました。
朝日新聞デジタルの2月12日の記事です。
( ※ 枡 ニュ-ヨーク 朝日新聞デジタル で検索してみてください。)

それは、“ 高級服飾ブランド「ポール・スミス」の米国ニューヨークの店で、
赤、黄、緑などシャープなデザインで塗った8勺と、直方体のひょろ長いとっくりの
「升(ます)」が、置物や小物入れの「おしゃれ雑貨」として人気だと。 ”

この枡を作ったのは、岐阜県大垣市にある「大橋量器」という会社。

その「大橋量器」が、昨年、「ニューヨーク国際ギフトフェア」に出展し、現地の人々に
人気を博して、「ポール・スミス」から受注した、ということでした。


最初の印象は、「へぇ~~」でしたが、すぐ「頑張ってるなぁ~」と変わりましたね。

我々が愛する陶磁器も、御多分に洩れず需要が頭打ち傾向です。
“せともの”と呼ばれる製陶所でつくられる陶磁器や陶芸家が作られる一品モノの
陶磁器も一部を除けば、停滞というよりハッキリ減少している状況ですね。

なので、素直にそう思ったんですね。


やはり、ニューヨークの展覧会へ出展したこと、従来にないデザインを考えたこと
などが今回のような扉を開けたんだと思います。

「売れない、売れない」と嘆いているばかりでは、前に進めないんですね。

やはり、よく云われることですが、「行動しないと何も始まらない。」と。


最後に、五角枡とか三角枡とか灯しますなど、面白いデザインの枡がいっぱいの、
「大橋量器」さんのアドレスを記しておきます。

「大橋量器」  http://www.masukoubou.jp/freepage_4_1.html
[PR]
by tano4sou | 2013-02-12 23:58 | インフォメーション

今、“九博”が オモシロイ!!。


c0018051_20511797.jpg

“九博”とは、「九州国立博物館」のこと。
先ほどの写真は、その「九州国立博物館」の季刊情報誌「アジアージェ」の
表紙です。

「九州国立博物館」は、あの菅原道真公をお祀りしている太宰府天満宮のお隣にあり、
非常に分かりやすく、交通のアクセスも良い所にあります。


その、「九州国立博物館」でいま、魅力的な催しが行われています。

ひとつは、 『 ボストン美術館 日本美術の至宝 』展。

“東洋美術の殿堂”と称される、アメリカ・ボストン美術館の“史上最大規模の
日本美術展であり、かつて海を渡った“まぼろしの国宝”が一堂に里帰り、
といった見どころ満載の展覧会です。

詳しくは、公式サイトを、ご覧ください。

『 ボストン美術館 日本美術の至宝 』展 公式サイト
 http://www.boston-nippon.jp/

[会期]2013.1/1(火)~3/17(日)、(休館日:月曜日)
     午前9:30~17:00(入館は16:30まで)
[会場]九州国立博物館 3階 特別展示室


もう一つは、焼き物好きにはとても刺激的な展覧会、『 雪と火炎土器 』展が、
ちょうど、3/17(日)までの同時期に開催されてるんです。

かの岡本太郎氏が「なんだ、これは!。」と唸った縄文土器ですから、
迫力満点、見ごたえ満点だと思いますし、実物の火炎土器に触れることも
できるらしいので、見逃せない展示会のようですよ。


それ以外にも、フィンランドの印籠コレクターの方の「印籠」展
(~3/10まで)も、開かれてます。

また、上記の展覧会が終了した後、3月19日からは、『 古武雄 』展
開かれる予定で、“九博”には、ちょっと目が離せないですねぇ~。


それにしても、なんで海外の人達は日本美術の良さを
理解してるんでしょうかねぇ~。

日本人は、自国の良さをさっぱり理解していないと云うのにねぇ‥‥。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-29 21:02 | インフォメーション

「樂吉左衞門」さん関連の情報。


正月3日にテレビを見たせいか、どうも「樂吉左衞門」という言葉が頭の中から
抜けきらない今日この頃ですが、関連する情報を二つほど。


ひとつは、「ちゃわんや」というタイトルの、回想録本。

c0018051_22413038.png

出版社の「淡交社」の書評をお借りすれば、次のように書いてあります。

「ちゃわんや」と題した本刊は、襲名30周年を機に出版を決意した、
紙上の回顧展ともいえる画期的な内容です。
「僕は初めてこの茶碗一つを作って、家を出た」と書かれた17歳初造りの
赤樂茶碗から、襲名、数々の展覧会を経て今日に繋がる作品を自選、
それらにその時々の思いを詩やエッセイに綴り添えています。
文と作品、頁を繰りながら当代の歩み、作品と思いの変遷が鑑賞できる
内容です。特に作陶への思い、人生観、生き方を率直に表し、新鮮な感動を
与えてくれます。


『 ちゃわんや 』 ~ 二人の息子と若き人々へ
樂吉左衞門/著 ¥3,360


もう一つは、テレビの中で流されていた、茶碗に映像を映すという試みが
ありましたが、そのような企画展が今、滋賀県守山市にある「佐川美術館」で
開催されています。

樂吉左衞門館開館5周年記念
「 吉左衞門X 暗闇の音 静寂の光 」
高谷史郎・音/ 映像 + 樂吉左衞門・茶碗
[開催日時]2012年9月29日(土)~ 2013年4月7日(日)
        9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)
[ 休館日] 月曜日(祝日に当たる場合はその翌日)


特に本は、作陶への思いや人生観などについて書かれているようですので、
樂吉左衞門さんをより深く知るにはとても役立ちそうですし、また、展覧会も
どんな内容なのか想像がつき難いですが、大いに刺激を受けそうな予感は
しますね。

いずれにしても、どちらも大変興味深いものですね。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-23 23:01 | インフォメーション

『 琳派と若冲 』展、開催中です。



今日は、展覧会の案内です。

京都・細見美術館にて、『 江戸絵画の至宝 琳派と若冲 』展が、今月3日より
開催されています。

俵屋宗達から尾形光琳、酒井抱一らに至る琳派の作品に、独創的な画風の
伊籐若冲の作品が楽しめる展覧会です。

c0018051_2181699.jpg

この写真は、細見美術館のサイトよりダウンロードしたチラシを撮影しましたから、
色合いはイマイチですので、後述しますサイトでご確認くださいませ。

この細見美術館は、今年開館15周年を迎えられるそうです。

個人的には、前から独創的なユニークな展覧会をよくやられているなぁと
思ってましたが、やはり企画されてきましたね。

細見美術館ならではのラインナップと云えるでしょうね。

会期は、3月10日まで十分ありますが、前期(~2月3日まで)と
後期(2月5日から~)とで、作品の展示替えがありますので、サイトで確認するか、
電話で問い合わせるかして、お気に入りの作品を見逃さないように
しないといけないですね。


陶芸・焼き物の作品以外の違うジャンルのモノでも、 “ 良いモノ・本物のモノ ” は
ぜったい見た方がイイですね。

間接的、直接的に、為になりますからね。

日程を調整して美術館へ出掛けて、作品と対峙しましょう。



< 江戸絵画の至宝 『 琳派と若冲 』展 >
[ 会期 ]
1月3日(木)~ 3月10日(日) 前期(~2月3日まで)、後期(2月5日から~)
午前10時 ~ 午後6時
[ 会期 ]
細見美術館(京都市左京区)

細見美術館サイト http://www.emuseum.or.jp
[PR]
by tano4sou | 2013-01-16 21:24 | インフォメーション

樂家十五代 樂吉左衛門さんを追ったTV番組が、あるよぉッ。


テレビ番組のインフォメーションです。

本日夜9時より約1時間、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』という番組で、
樂家十五代 樂吉左衛門さんを、約九か月に渡って追い続けた模様が、
放映されます。

決して、楽茶碗の作り方を教えてくれたりするような内容にはならないとは
思いますが(まず間違いなく)、しかし茶碗を作る上での思いだとか思想とか
姿勢などは、垣間見る事ができるのではないかと思いますね。

茶碗の作り方や焼き方などの表面的なこともそれなりに大事ではありますが、
作り手の思いを理解することは、もっと大事だと思います。

そうでないと、全く違う焼き物になってしますからね。


あと2時間半ほどで始まりますが、さぁどんな放送になりますか。

とても楽しみですね。
[PR]
by tano4sou | 2013-01-03 18:40 | インフォメーション

第59回日本伝統工芸展も、早や折り返し。

9月19日に、日本橋三越本店(東京会場)で始まった、『第59回日本伝統工芸展』
ですが、明日14日終了の仙台会場で、前半6会場が終わりとなります。

仙台会場以降では、岡山、松江と続き年内はこの2会場で終了。
年が明けて、高松、福岡、松山、そして3月17日終了の広島会場で、
『第59回日本伝統工芸展』は終わりとなります。

後半は西日本が中心となりますが、ほぼ、半年をかけて日本全国を廻るんですよね。
お住まいに近い会場で見ればそれでいいんですけども、もし見逃された方は、
まだまだ続いていますので、お出かけになられたらいいと思いますね。


では、直近の岡山会場と松江会場の日程等を下記に記しておきます。

c0018051_1903099.jpg

[岡山会場]
11月18日(木)~12月5日(日)
9時~17時(入館は16時30分まで)
 ※11月18日は10時開館・
   11月26日(金曜日)は、19時まで開館(入館は18時30分) 11月29日は休館日。
岡山県立美術館  http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 TEL.086-225-4800 



c0018051_1911146.png

[松江会場]
12月12日(水)~2012年12月25日(火)
10時~18時30分(入館は18時まで) ※会期中無休
島根県立美術館  http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5 TEL:0852-55-4700  


また出品作家さんによる展示作品解説もあるので、作家さんをチェックして
お出掛けといきましょう。
より深く作品を鑑賞できますよ。
[PR]
by tano4sou | 2012-11-13 19:13 | インフォメーション

桃をイメージしたやきもの、アレコレ。


c0018051_23541495.jpg

桃をイメージした、作品の展示会が只今開催されています。

釉薬でない焼締めによるもので、兎に角、造形がオモシロイ。
それぞれの焼き物のフォルムが独特で、存在感あります。

では、まず花入れから。
壺と鉢を合体させたような造形が目を引きます。

c0018051_23522539.jpg
c0018051_2352309.jpg
c0018051_23524282.jpg


次は、台皿。
厚みがあるし、なかなか見かけないような形です。

c0018051_2353033.jpg
c0018051_23531232.jpg


最後も、花入れ。
自分の影がちょっと入り込んでますが、真上から撮りました。

c0018051_23533725.jpg


自分が気になった作品しか掲載されていませんが、
もちろん他にも色んな作品が陳列されています。


[ 濱田伸一 陶展 ] (鶏尾窯)
 11月11日(日)まで
 10時頃~18時頃(最終日は16時頃まで)
 スペースみき(倉敷市中央1-6-8)


倉敷に観光などで遊びに行かれる方は、寄ってみてはいかがでしょう。
地図で見たら、大原美術館の南側にあるみたいで、直ぐそこ、の距離ですね。



c0018051_23535871.jpg

[PR]
by tano4sou | 2012-11-08 23:58 | インフォメーション

「安喰ひろ」さんの二人展が、始まります。


明日8日(木)から、松江の一畑百貨店松江店で、
『 安食ひろ(茶碗)・アジキヒロ(人物画)二人展 』 が、始まります。

c0018051_2226473.jpg


二人展と書かれていたら、まぁ一人は安食ひろさんと分かりますけど、
もう一人の「アジキヒロ」とは誰なんだろうと思うでしょ?。

展示してるモノが茶碗と人物画というので、別々の人物に見たててますが、
要は“安食ひろ”さん一人なんじゃないかなと、思ってます。

こういう、お茶目なとこがまた“安食さん”らしいです。

とはいえ、あくまで個人的に、安食さんお一人だと思っているだけですので、
実際に行ってみて確認したわけではありませんから、もし、万が一、
違ってましたらお許しください。


安食さんの本職は陶芸家です。
では人物画の絵の方はどうなのかなと疑問が湧いてきますが、
それは杞憂に終わりそうです。

安食さんは武蔵野美術大に進学され、画家を目指されてたみたいで、
(実際は中途退学されてますが‥‥。)
絵に対しても造詣がおありですから、きっと人物画も茶碗のように
いい出来なんじゃないですか。

一回の個展で、毛色の違う2つのジャンルの作品が味わえるんですから、
これはお得ですね。


先ほどの、同一人物かどうかのチェックも兼ねて、
是非、足を運んで欲しいですね。


『 安食ひろ(茶碗)・アジキヒロ(人物画)二人展 』
平成24年11月8日~11月13日
一畑百貨店 松江店5階美術サロン
[PR]
by tano4sou | 2012-11-07 23:14 | インフォメーション

「備前焼 桃山から現代へ―」 開催中。


島根県安来市の「加納美術館」では、7月より12月24日まで、
『備前焼 桃山から現代へ― 金重陶陽と安倍安人』展を開催しています。

c0018051_21573470.jpg
c0018051_21573842.jpg


備前焼“中興の祖”である金重陶陽の作品とメトロポリタン美術館にも収蔵される
安倍安人の作品が、展示されています。

片や細工物の香炉、片や彩色備前。

金重陶陽の細工物は、ホントに繊細で鳥や動物のディテールにもこだわって
作られていますし、茶碗等は美しいフォルムをしていて存在感に溢れています。

また安倍安人の作品は、彩色備前に見られるようにド派手な印象を受けますが、
実際その作品と対峙すると、意外なほど落ち着いた印象を与えてくれます。

作品のテイストは全く違うんですが、意外にも同じような印象を与えてくれることが
ありました。

それは、どちらも 「品がある」 ということ。

細工の技術をひけらかすのでもなく、ただ派手な色を使ってるのでもない。
作品が、すぅっと心に入ってくるんですね。

なかなかそういう作品にお目にかかることはできませんし、特に、
安倍安人の作品は一度現物を見てみたいと思っていましたので、
見ることができて とても良かったです。


この加納美術館は、有名な足立美術館から中国山地に向かって車で10分ほど
の場所にあり、周りは田んぼや山に囲まれた田舎の山間地にある美術館です。
規模も大きくありませんし、収蔵点数も少ないかもしれません。

でも、こと備前焼に関しては、充実した美術館と云えると思います。

まだ会期も一カ月半ほどありますので、是非足を運ばれてみては
いかがでしょう。

「品のある」作品と対峙してみてくださいね。
詳しくは、加納美術館のサイトでご確認ください。

〈 加納美術館 〉 http://www.art-kano.jp/
[PR]
by tano4sou | 2012-11-06 22:05 | インフォメーション

「 第59回日本伝統工芸展 」。



個展が終了された木村知子さんの工房を訪ねました。
個展での反響や伝統工芸展、最近の陶芸界の事などなど、お話をさせていただきました。
カッコつけて云えば「意見交換」というとこですが、まぁ世間話でしょうかねぇ~。

そこで、とてもきれいなハガキをいただきました。
「第59回日本伝統工芸展」で入選された 『染付洋蘭文皿』 が印刷されたハガキ。

c0018051_23483737.jpg


いつもの木村知子さんのテイストですが、素晴らしい出来上がりです。
写真で見る限りでは、洋蘭の花びらと葉とが立体的に見えるような感じがしますね。
なんか、奥行きを感じさせてくれる絵です。
そういったところが、人を引き付けて止まないんだろうなぁと思いましたね。

また、このハガキの写真撮影と印刷が、まぁ~見事。
「作品が良し、その上撮影・印刷も良し」という三方良しのハガキに仕上がってます。


この「第59回日本伝統工芸展」は、9月に開催した東京会場をスタートにして、
名古屋・京都・大阪・金沢・仙台・岡山・松江・高松・福岡・松山・広島を
巡回開催します。

これから一番近い開催は金沢会場ですが、お近くに巡回してきたら
是非お出かけになられたらいいと思いますよ。
やはり、良いものは見ておかないといけませんからね。

詳しくは、日本工芸会のホームページをご覧くださいませ。

日本工芸会
[PR]
by tano4sou | 2012-10-24 23:56 | インフォメーション