美味い焼き色(?)の、面白い陶箱。


c0018051_2317886.jpg


写真を見て、何だと思いました?。

タイトルに書いてますから、分かりますか。
そうです、陶で作った箱‥‥「陶箱」です。

先月半ばに大きさや形状は違いますけども、備前焼と同じような登り窯で、
薪で焚いたと聞きました。

実は昨年も一度焼いてるんですが“焼き”が今一歩だったので、
今年もう一度、焼いたんですよね。

二年がかりで焼き上げたということですね。


何しろカタチが独特ですよね。

所々に灰の名残りらしきものも見えたり、焼きゴテを押したような
跡らしい箇所もあったり。

こんがりした焼き色から、ローストビーフやハムの塊りのように
見えなくもないですが、それはもちろん違いますよ。

それにしても美味そうに見えますね。



c0018051_23254474.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-12-02 23:27 | 趣味のやきもの

陶芸雑誌 『 陶工房 №67 』 発売中。



数少なくなった陶芸関連の雑誌のうちの一つである『 陶工房 』ですが、
只今、通巻第67号が発売中です。
廃刊が相次いでいる陶芸雑誌ですから、大変貴重な一冊です。

c0018051_2222876.jpg



















今号の特集は、「オブジェ陶」。

みなさんもよくご存じの、林康夫さん、柳原睦夫さん、杉原康益さんを、
取り上げています。

豊富な写真で作品を紹介するのはもちろんですが、「オブジェ陶」に対する
考えや見方、それを行うようになったいきさつなども、文章で丁寧に
説明されています。

写真になっている作品を見るのもそれは参考になりますけども、
むしろ文章を読み込んだ方がはるかに役に立つと思いますよ。

ホント、“目から鱗が落ちる”ヒントとなるような、
イイことが書かれてますから。 

そういうの見つけたら、メッチャ感動しますよ。


とはいえ、多くの作品自体にインパクトがあるので、写真を見るのも
もちろん楽しいですし、大いに刺激を受けるでしょう。

他にも面白い記事や企画も掲載されていますが、先の「オブジェ陶」の
ページだけでも、十分値打ちがありますね。

『 陶工房 №67 』、なかなか面白い紙面構成になってますよ。
[PR]
# by tano4sou | 2012-12-01 22:25 | 陶芸・やきもの雑誌&本

「プロ」と「アマ」の違いって、何なの。



最近、「?」 と思う事がありました。

「プロ」でない方が、とある陶磁器販売イベントで作品を売ると云う。
(※ご自身がプロ陶芸家とは云っていないので。)

プロの陶芸家なら自分の作品を販売するのは、当たり前だけど、
アマチュアだとどうなんだろうか。


実際、アマチュアの人でも自分の友達に分けてあげたり(有料で)、
頼まれたモノを作って代金をもらってしています。

けどそれは、友人だとか知り合い、或いは作っている人の関係者とか
クローズドな人間関係の場合。

先程の陶磁器イベントみたいな、オープンな不特定多数を相手にする
人間関係の場合だと、なんか違和感を覚えてしまいます。


そこで、そもそも論なんですが、『「プロ」と「アマ」の違いって何なんだろう?』
というタイトルにも書いた疑問が湧いてくるんですね。

単純に考えていくつか挙げてみると、
販売してお金を取るのが「プロ」。
公募展などに出品して賞に入り、一定の技術を持っている人が「プロ」。
自分の考えを持っていてオリジナルの作品を作る人が「プロ」、などなど。

どれも間違いではないけども、「プロだけ」とも言えない。


逆に、「プロ」や「アマ」といったことは、気にしなくてイイ、気にする必要がない。
「プロ」も「アマ」も関係なく、ボーダーレスで何でもアリでイイじゃん、
という意見があるのかもしれない。

でも、それもどうかなぁと思いませんか。

じゃないと、締まりのないことになりそうでね、
最低限の線引きは必要だと思いますね。

例えば、 “潔さ” とか ”覚悟” みたいなモノは。

はっきりとした「プロ」と「アマ」の違いを表すのは、なかなか難しいことなんだろうけど。




c0018051_2194774.jpg

( この作品は、末宗工房さんのお皿です。 ) (※本文とは関係ありません。)
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-30 21:21 | 雑感

来年の干支「巳」の置物。


最近の天気は晩秋というより、まるっきし“冬”ですよね。

北海道では、吹雪いて送電線の鉄塔が倒れるぐらい、
強風が吹いたようですしね。

11月も終わりですから、こういう天気があっても当たり前かもしれませんね。


だんだんと年末とか年始の準備が気になり始める頃ですが、
今日、来年の干支「巳」が焼き上がってるのを見つけました。

c0018051_23153468.jpg


「巳」といえばヘビのことで、結構敬遠されることが多い干支ですが、
これは、鋳込み石膏型に泥しょうを流し込んで形作り、焼いた「巳」の置物。

だいだいみたいな丸いモノの上に乗っていたり、門松っぽいものや松を表したような
モノも台座に一緒にくっついてたり、それにこのくらいのサイズだとそれほど
気にならないんじゃないでしょうかね。

ヘビそのものだけだと、そこばかりに目がいって嫌がられるんでしょうが、
目を引くいろんなモノがあれば、そう感じないと思いますね。

多分、そんな意図があって作られてるんではないですかね。

勝手な想像ですけど‥‥。



c0018051_23175840.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-29 23:19 | 趣味のやきもの

「屏風祭」と云うタイトルの本って、何の本?。



まずこの本を見ていただいてから。

c0018051_23151829.jpg


『第4回屏風祭』というタイトルの本ですが、どんな内容の本だと思われますか?。

金箔に花とか牛車(?)とかが描かれているので、日本画の図録と思えるかも
しれないですね。
でも実際は、これだけじゃ分からないですよね。

本文はこのような紙面になってます。

c0018051_23154951.jpg
c0018051_23153959.jpg


茶碗のページだと、茶碗の写真はもちろんありますが、高台や箱書きの写真も
載せてますし、大壺や花入れのページでは、作品以外に作家のサインの写真も
掲載されてます。

他にも、水指、釜、茶入、菓子器、香炉、皿などいろんな焼き物が載ってます。

焼き物以外にも、染織、人形、アンティーク、ガラス、油彩画、掛軸などなど、
様々なジャンルの作品が掲載されてますし、屏風は、最初からかなりのページを
割いていて、ボリューム満点です。


ここまできたら、感のいい人だと薄々感じてるんではないでしょうか。

実はこの本は、 「オークション・カタログ」 なんです。

写真では見にくかったと思いますが、ちゃんと最低価格も表示されてますし、
巻末には、入札オークション参加方法もありますのでね。

オークションに参加するには、資格とか条件とか要るかもしれないので、
誰それとはいきませんけども、骨董好きの方には、ある種の価格の目安とか
骨董品の情報とかの知識を増やすのには、役に立つ本なのかもしれませんよ。

なかなか珍しい本ですよね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-28 23:30 | 書籍・雑誌

背高ノッポの茶香炉。


とある陶芸教室でのひとコマ。

工房内をざっと見渡すと、生徒さん達の製作中の作品やら
焼成が終わった作品などが棚の上にぎっしりと並んでいました。

すると、ありましたねぇ~、すぅっと目に飛び込んできた面白い作品が。

聞けば、“茶香炉”だとか。

まだ製作中のもでしたが、雰囲気は伝わるんじゃないかと思います。

こちらです、ご覧ください。

c0018051_20532885.jpg
c0018051_2053393.jpg


四角くて、上部がすぼまったカタチが、なんかオモシロイなと思えましてね。

後は、ロウソクなどを置く周りの切れ込みの柄とか天辺の茶葉を置く皿とか。
切れ込みからもれる灯りもまた楽しめるんでしょうね。

だから、一般的な“灯り”としても、十分通用しそうな感じですもんね。


やっぱ、オリジナルっぽい雰囲気がする作品は、
オモシロイような気がしますね。


c0018051_20564437.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-27 21:00 | 趣味のやきもの

この鉢って、唐草模様(?) 。


クリスマスだの年末だのと、テレビやラジオや新聞、インターネットなどで
目にしたり耳にしだすと、それに釣られて多少は気にしだすんですよね。

例えば、年賀状は、どんな感じに仕上げようとかね。

それで、今年のブログの記事に使った画像とかボツにした画像とかを見返してたら、
夏場に撮影したこんな画像が出てきました。


c0018051_2027073.jpg


この画像を撮ったイベント会場を訪れた記憶は、あるんですよ。
ただ、どんなイベントのタイトルだったかは覚えてないんですよね。

夏の暑い時期に、山あいの中をドンドン奥へ行き、そしてずっと登っていったこと。
昔ながらの古民家に陶芸やら木工やら写真やら染織やら、
様々な作品が所狭しと陳列されていたこと。

それらは、記憶があるんです。

まぁ、それぐらい覚えてりゃ十分かもしれませんけどもね。


その古民家の中に、あの鉢も作品だったとは思うんですけど、
植物を生やした鉢がさり気ない感じで置かれてたんで、撮らせてもらいました。

その佇まいが何となくいいなぁ~、と思ったんで。


イベント会場の古民家も載せておきます。
年季の入った民家でしたよ。

c0018051_2024012.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-26 20:33 | 出会った作家作品

「やきもの雑誌を読むのも、面白い。」の、続き。



今年の初め、1月に「やきもの雑誌を読むのも、面白い。」という記事で、
『 淡交 別冊11月号愛蔵版〈数寄・日本の心とカタチ〉』という雑誌を、紹介しました。

こちら。

c0018051_195220100.jpg


で、この雑誌はシリーズとなっていて、陶芸・焼き物好きにダイレクトに関係する
ものとして、『 淡交 別冊10月号愛蔵版〈数寄・日本の心とカタチ〉№2 』 という
雑誌もあるんですよ。

タイトルは、『 茶碗〈茶をのむうつわの用と美〉 』 。
主に、楽茶碗などを中心に紹介していますが、その内容といったら、
単なる焼き物の枠には治まってはいません。

c0018051_19533938.jpg

この雑誌を発行しているのが、茶道関連の書籍を数多く出版している淡交社ですから、
茶碗をはじめとしてやきものに大変造詣が深いので、それは当たり前と云えば
当たり前かも、です。

内容に関しては、様々な面から深く掘り下げて、捉えようとされていますから、
非常に理解しやすいですし、また読み物としても興味深く面白いモノになってます。


例えば、このようなページがあることでも、その一端は垣間見えるのでは‥‥。

c0018051_19535526.jpg

単に、カタチがいいとか、焼き上がりの色がいいとか、
それだけじゃない魅力もきっとあるんでしょうね。

そういうのを教えてくれるのが、こういった雑誌や書籍なんでしょうね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-25 20:03 | 陶芸・やきもの雑誌&本

今イチの撮影ですが、油滴天目茶碗です。


今日の焼き物は、油滴天目茶碗。
しかし、蛍光灯の下での撮影でしたので、蛍光灯に茶碗自体が反射して
なかなかうまく撮影できていません。

トレーシングペーパーみたいなもので屋根を囲ってその中に入れて撮影すれば、
光の反射も抑えられるとは思うんですけどもねぇ~。

まぁとりあえず現時点での、撮影画像と言う事で、ご覧ください。

こちらです。

c0018051_2313222.jpg

c0018051_23133611.jpg

c0018051_23132552.jpg

昔は、油滴天目の斑紋を出すのも一苦労されてましたので、人ごとながら
「油滴天目茶碗を焼くのは難しんだなぁ~。」と思ったもんてしたが、最近では、
コンスタントに出されるようになり、良かったなぁと思いますよね。

焼き方ひとつで、油滴天目の斑紋が出たり出なかったり、または大きくなったり
小さくなったりするようで、細かい焼成技術が必要なようですね。


また、部分アップも撮影してみたんですが、案外面白い感じになってるかなと
思いますんで、これも載せてみます。

c0018051_23134721.jpg
c0018051_23135876.jpg


「そんなことより、撮影がもっとちゃんとしてる方が。」という声も聞こえてきそうですね。

まぁそれは、これからの課題という事で‥‥。
いろいろトライしてみます。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-24 23:27 | 趣味のやきもの

信楽で手に入れた飯茶碗。


11月中旬に信楽・伊賀を訪れた際に、立ち寄った中に、
信楽の「小川顕三陶房」さんがありました。

以前より、陶芸仲間の方から情報を聞いていて、一度寄ってみたいと
思ってました。


「小川顕三陶房」さんは、信楽の街中の、割と住宅や製陶所などが密集している
小高い丘の上に工房があり、そこから丘の上に登っていったら、
展示場があるというレイアウト。

聞いていた通り、展示場のそばにある宿泊者用のスペースから見る眺めは、
素晴らしいモノがありました。

でも当日はあいにくの雨で風も強く、本来ならキレイな紅葉が映った画像を
お届けできたと思うんですが、とても残念ですね。


それでお土産に買って帰ったのが、この飯茶碗。

c0018051_23133351.jpg
c0018051_23134961.jpg
c0018051_23142842.jpg

非常にシンプルな、派手さがあまりない(?)飯茶碗です。

いつもならもうちょっとインパクトのあるモノを買うのですが、
家族の為に買うと決めてたので、穏やかなモノになりましたね。

きっと、飽きにくいと思いますよ。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-23 23:21 | 出会った作家作品

「賞に入る(受賞する)とは、どういう事なのか」(その1)

c0018051_23255078.jpg
   
(※この写真はイメージ画像です。本文とは関係ございませんので)



今日の内容は、ちょっと過激になるかもしれないです。

気の弱い方とか“公募展出品が命”の方とかは
あまり読まれない方がいいかも、ですね。
では、始めましょう。


まず断っておかなければならないことは、こういうテーマについて、
ちょっと批判めいた事を書くと、「きっと公募展出品に際して快く思ってない」とか、
「賞に入ることを良く思っていない」という風に、思われがちなんですが、
そうではありません。

決して、「賞に入ることはいけない」と言ってるんではないということです。
そこは明確にしておかないといけないので。


公募展に出品して賞に入るのは、素晴らしいことです。
努力して技術をマスターして、更に磨いた上で受賞したモノは、
とても価値のあることです。

以前にも書いた事があるかもしれませんが、
「賞に入ったら、すべて薔薇色か」といえば、そうじゃありませんよね。

受賞と同時に、それに見合うだけの責任が付いてきます。
それは、否応なしに、付きまとうモノです。

大きな公募展になればなるほど、後進の育成とか伝統の継承とか
陶芸界の発展などなど、様々な場面で、役割を求められるのです。

でも、陶芸界の発展に関しては、あまりにも疎かにされている現状があります。

「自分さえ上手くなりゃ、それでえぇ」という考え方も当然あるでしょうが、
そればっかりでは、陶芸界は拡がっていかないですよね。


陶芸をやらなくても、「なんか手作りのマグカップっていいよね」、
「手作りのお茶碗で食べると美味しく感じるね」みたいに、
手作りの良さを陶芸をやらない人々にも伝える必要があるハズなんです。

面倒くさいことですが、そういうことも「賞に入った」方たちがすべき
役割の中にあると思ってます。


また「賞に入る」ということは、受賞作品がイイというのは当然ですが、
それだけじゃなくて、“受賞者には、受賞作品の様な作品が作れるだけの能力がある”
ということでもあるんです。

そうなれば、“たまたま”では、ダメなんですね。
それに、ちょっとの間しか努力せず、あまり磨かず、でもダメなんですね。

いつでも、80点以上の作品がコンスタントに作れる必要があるし、
キャリアの浅い方から質問を受ければお答えもしないといけないですし、
そのくらい「重み」のあるモノなんです。


なので、「受賞するのはイイことなんですけど、それだけじゃないんですよ」
ってことです。


たまにはこんな事について考えてみるのも悪くはないと思うんで、
またいつか続きをと思ってます。


c0018051_2326720.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-22 23:37 | 雑感

料理が盛り付けられると、器もよろこぶ ?! 。


陶芸家さんの工房(自宅敷地の中にある)へ陶芸仲間数人で、
お邪魔した時のスナップ。

作品も見させて頂いて、時間もお昼近くなったので、
昼食をいただこうということに。

メンバーの中のお一人がご飯とかおかずを用意していたので、
陶芸家さんも交えての昼食会となりました。

c0018051_2131491.jpg
c0018051_21302191.jpg

c0018051_21375892.jpg
c0018051_2138511.jpg


盛り付けられた器は、陶芸家さんのご家族が日常使われているモノを
お借りさせてもらいました。

焼締めの器に、家庭料理という組み合わせでしたけど、盛り付けられると
やはりイイ雰囲気ですよね。

見た目が良い(盛り付けがいい)というのは、料理を美味しくいただく上では、
とても大事なことですからね。


もちろん、気にいった器はちゃんと購入して帰ったのは
言うまでもありません。



c0018051_21385660.jpg

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-21 21:42 | 盛り付け

ちょっと使い勝手は悪いカレンダーなんですが‥‥。



11月もあと10日ほどで終わり、12月(師走)ももうすぐそこまで。

クリスマスの準備だったり、年賀状の手配だったり、年末年始の準備も
自ずとピッチが上がってきます。

となると中には、来年のカレンダーをいただいた方もいらっしゃるんじゃ
ないでしょうか。


陶芸業界では、注目を集めるカレンダーがあります。

このカレンダー。

c0018051_22522116.jpg
c0018051_22521379.jpg

縦約103×横36㎝サイズという、長~いカレンダー。
ひと月に6個づつ茶碗が掲載されているので、年間72個もあります。

毎年、陶芸をされてる方が毎年このカレンダーを見た時に、
よく言われることが実はあるんです。

「このカレンダーを見本に作品を作っていったらエエなぁ~。」 とね。
作る度に考えなくても、毎月載っている作品を参考にして作ればいいという
発想ですね。

でも毎月6個づつ違うモノを作っていくというのも、なかなか大変なんでしょうね。

作り始めてほんの数カ月で挫折してしまわれるのが、ほとんどのようですから。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-20 22:58 | 雑感

釉薬の色見本、見てるとそれなりに楽しい。



むか~し昔、陶芸の業者さんから釉薬の色見本(画像データでの色見本)を
貰った事があって、それを取って置いてました。

パンフレットとか印刷物とか写真のプリントではなかったんで、
人にもあまり見せることなく、自分で楽しむぐらいしかなかったんです。

でも、このブログだと丁度使い勝手がイイので、紹介します。

c0018051_2344478.jpg
c0018051_23443528.jpg
c0018051_23443688.jpg
c0018051_2345449.jpg
c0018051_23451067.jpg
c0018051_23453366.jpg
c0018051_23453072.jpg
c0018051_23455312.jpg
c0018051_23461490.jpg

c0018051_23482372.jpg



色見本の全てではないんだけど、やっぱ自分の好きな“灰釉”系統の釉薬を
多く紹介してしまってるよね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-19 23:51 | 道具・材料は大事

マグカップ&ソーサ、じゃないなぁこれは。


今日はマグカップの紹介です。

シンプルで落ち着いたデザインのマグカップなので、
飽きが来ず使い続けられそうですね。

こんな感じです。


c0018051_21141083.jpg
c0018051_21143271.jpg


でも一番の良さは、マグカップ&ソーサならぬ、マグカップ&プレートという
組み合わせにあるんじゃないですかね。

カップ&ソーサは一般的によく見かけますので、プレートにしたのは
グッド・アイデアだと思いますね。

しかも、プレートがカップと合せたデザインで、全体のイメージが“一体化”
されていますから。

そこが、とにかく良いですよね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-18 21:22 | 作陶のアイデア・ヒント

背筋をすぅっと伸ばした、お人形さん。


まずはこの写真から。

c0018051_2244931.jpg

見ての通りのお人形さんです。

ボタンや帽子やポケットなど、非常に細かいところまで表現しているのは、
一般的なお人形さんと同じですが、それだけではなくて、ちょっと違う点も、
ありますよね。

体をよじったり、手を上げたりしていませんし、
カラフルな色付けもしていません。

一番の特徴が、写真からもわかると思うんですけど、
立っていないことですよね。

なんか、背中の方に木の板があるから寝かされているのやらどうなのやら‥‥。


それはもう少し引いた写真だと分かりますね。


c0018051_225652.jpg


柱に飾ってあるんですよね。

だから、背中が真っすぐだったりするんですね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-17 22:05 | 趣味のやきもの

「鳴窯の秋陶展2012」、間もなく始まります。(その2)


昨日紹介した、作品への料理盛り付け写真なんですが、一日で全部
出してしまうのはどうかなと思いましてね、2日に分けて出しました。

ちょっと勿体ぶりましたね。

続きはこちら。

c0018051_20365085.jpg
c0018051_2037397.jpg
c0018051_20371141.jpg
c0018051_20372164.jpg



以前はこのようなテイストの作品も作られてました。

鳴窯の石田充弘さんの作品を購入された方なら、多分お目にかかったことが
あるんじゃないかと思います。

c0018051_20375299.jpg
c0018051_20375860.jpg


陶芸をされている方々、特に女性に見せたら、「カワイイ!」との反応が
多く返ってくる、ファンタジーに溢れた小皿ですよね。


画像で「鳴窯の秋陶展2012」の作品のいくつかは案内しましたが、
実際どのような作品がアトリエに並ぶのでしょうね。

いやぁ、楽しみ、たのしみ。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-16 20:44 | 展覧会見学・展覧会案内

「鳴窯の秋陶展2012」、間もなく始まります。


石田充弘さんがいつも作陶されている「鳴窯」での秋の展覧会、「秋陶展2012」が
来週、21日(水曜日)より開始されます。

この「秋陶展」は、ギャラリーとか百貨店の美術画廊で行われるモノではなく、
アトリエを使っての展覧会です。
お客様の間では、秋の風物詩となっている展覧会ですね。

2年前は、このような感じで行われました。

c0018051_20494737.jpg
c0018051_20501276.jpg


前回の個展で好評だった、作品への料理盛り付け写真をお借りしましたので、
ご紹介いたしますね。

使う時のイメージが湧きますから、お買い求めの際の判断材料になると思いますので。

c0018051_20501867.jpg
c0018051_20504484.jpg
c0018051_20503992.jpg
c0018051_20511042.jpg
c0018051_2051050.jpg


どうですか?。
楽しそうな器ありましたぁ?。

この「鳴窯の秋陶展」も今回で10年目を迎えるという事で、
一区切りをつけられるそうです。

そうなんです、終わっちゃうんですよ。
なので、今年は何が何でも行かなきゃいけませんよね。

楽しい器たちが皆様のお越しを待ってるハズですよ。


「鳴窯の秋陶展2012」
11月21日(水)~27日(火)
午前10時~夕方5時
鳴窯市ノ原陶房
 (松江市東出雲町揖屋1630-6
  TEL.0852-52-5893) 

[PR]
# by tano4sou | 2012-11-15 21:01 | 展覧会見学・展覧会案内

伊賀焼の小皿です。


一昨日の、ミホ・ミュージアムでの「土偶コスモス展」を見学した後、
信楽の「小川顕三陶房」さん、釉薬を製造販売している「釉陶」さんを見学。
そして、伊賀の「長谷園」に行きました。

長谷園は、長谷製陶株式会社さんが運営している、展示室やお食事処がある施設。
他にも、体験工房があったり登り窯が見学できたり、昔の道具なども見ることができる、
一大観光スポットみたいな所ですね。

もちろん、長谷製陶さんの主力商品である“お鍋”も、IH対応やらタジン鍋やら
蒸し鍋などなど、いろんなタイプのお鍋さんを販売しています。

そういった中で、自社の商品でないはない、いわゆる“伊賀焼”と称される焼き物を
販売されている建物があり、そこでは、谷本 洋さんとか新 歓嗣さんの作品を
購入することができます。

で、“谷本洋陶房”製の小皿を購入。
谷本洋さん作ではないですよ。“谷本洋陶房”製です。

c0018051_21573632.jpg
c0018051_21574884.jpg
c0018051_2157553.jpg


灰釉掛かり、ざっくりしたラフな雰囲気が、伊賀焼らしいかなと。

他にも素晴らしい作品がありましたので、この長谷園で作品を見て、
それから気にいった作家さんの所に行くのも良いかなと思いますね。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-14 22:00 | 豆皿・小皿

第59回日本伝統工芸展も、早や折り返し。

9月19日に、日本橋三越本店(東京会場)で始まった、『第59回日本伝統工芸展』
ですが、明日14日終了の仙台会場で、前半6会場が終わりとなります。

仙台会場以降では、岡山、松江と続き年内はこの2会場で終了。
年が明けて、高松、福岡、松山、そして3月17日終了の広島会場で、
『第59回日本伝統工芸展』は終わりとなります。

後半は西日本が中心となりますが、ほぼ、半年をかけて日本全国を廻るんですよね。
お住まいに近い会場で見ればそれでいいんですけども、もし見逃された方は、
まだまだ続いていますので、お出かけになられたらいいと思いますね。


では、直近の岡山会場と松江会場の日程等を下記に記しておきます。

c0018051_1903099.jpg

[岡山会場]
11月18日(木)~12月5日(日)
9時~17時(入館は16時30分まで)
 ※11月18日は10時開館・
   11月26日(金曜日)は、19時まで開館(入館は18時30分) 11月29日は休館日。
岡山県立美術館  http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/
〒700-0814 岡山市北区天神町8-48 TEL.086-225-4800 



c0018051_1911146.png

[松江会場]
12月12日(水)~2012年12月25日(火)
10時~18時30分(入館は18時まで) ※会期中無休
島根県立美術館  http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/
〒690-0049 島根県松江市袖師町1-5 TEL:0852-55-4700  


また出品作家さんによる展示作品解説もあるので、作家さんをチェックして
お出掛けといきましょう。
より深く作品を鑑賞できますよ。
[PR]
# by tano4sou | 2012-11-13 19:13 | インフォメーション