禹兎窯・岡本暉生さん作の、ぐい呑み。



ちょっと部屋の中をゴソゴソしてたら、ぐい呑みが出てきました。

このぐい呑みは、禹兎窯の岡本暉生さんの作で、数年前に、
知り合いの社長さんから頂いたものです。

余談ですが、その社長さんという方は、ぐい呑みを5、600個ぐらい
集められてる、ぐい呑みコレクターです。

c0018051_23452114.jpg
c0018051_2345338.jpg
c0018051_23454559.jpg



適度に曲がりくねった独特のフォルムは、ぐい呑みの大きな特徴です。

ぐい呑みを持つ手の指が、曲線にうまく沿っていて、とても
しっくりくるんですよ。

色合いも、黒土をベースとした生地にワラ白とか乳白みたいな白い釉薬が
掛かった部分と、黒い釉薬の部分とを、掛け合わせているみたいですし、
また、還元がかかったようなシックな焼き上がりだし、高台も割高台で
落ち着いた雰囲気が感じられますね。


c0018051_23462457.jpgc0018051_23463777.jpg












写真で見るだけよりもね、持つとね、とてもしっくりして、
指にぐい呑みがすっと引っ掛かるというような、良い感じなんですよ。

このぐい呑みだと、美味い酒が飲めますね。
[PR]
by tano4sou | 2012-02-20 23:52 | ミニミニ・ちっちゃいもの
<< 今回の “龍” も、ちょっと、... ちょっとデカイ、マグカップ。 >>